国際関係論研究会のご案内

第199回定例研究会のご案内

次回研究会が下記のように予定されています。会員以外の方もご参加になれますのでぜひお越しください。

  • 日時:2018年11月17日(土)14:00-17:00
  • 報告1:中村長史「対内正当化と対外正当化の逆転 ―新しい戦争の入口と出口―」
  • 報告2:藤田将史「批判回避を目的とした米国のIMF利用 ―メキシコ危機からアジア危機までの過程追跡・計量分析―」

詳しくはこちらをご覧ください。

『国際関係論研究』最新号

2018年3月に『国際関係論研究』第33号が発行されました。

  • 条約上の共通利益侵害に基づくICJ訴訟の焦点(今岡 奏帆)
  • 機能的アプローチの実践と国際組織化—国際連盟、戦時食糧協力、FAOへ(詫摩佳代)

バックナンバーはこちらをご覧ください。
 

bldg2_office

国際関係論研究会について

国際関係論研究会は、国際関係論研究の発展をはかり、会員相互の研究上の協力を促進することを目的に、1964年に組織されました。研究会の事務局は、東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻に置かれています。査読つき機関誌『国際関係論研究』を発行しているほか、随時定例研究会を開催し、会員間の学術交流に努めています。

国際関係論研究会は、国際社会科学専攻国際関係論コースを母体にしていますが、その門戸は国際関係論に学問的な関心を持つ方一般に広く開かれています。200名に上る会員の所属や専門は多様であり、第一線で活躍する研究者から大学院生まで幅広い層の研究者が含まれます。ご関心のある方はぜひ一度定例研究会に足を運んでみてください。

入会について

国際関係論研究会の会員の資格は、国際関係論研究に関心を有し、本会の主旨に賛同する者としています。入会には、会員2名の推薦を得て、委員会の承認を経る必要があります。年会費は一般3,000円、学生2,000円です。

入会申請書はこちらから入手できます。ご記入の上、研究会事務局まで郵送ください。

お問い合わせ

入会その他に関するお問い合わせは、国際関係論研究会事務局(担当:西村)までお寄せください。

  • 住所:〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1
    東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻気付
  • 電話:03-5454-6487
  • メール:airs@waka.c.u-tokyo.ac.jp