logo相関社会科学研究会

bldg2_1f

相関社会科学研究会のご案内

相関社会科学コースの教官と学生が中心となって、様々な分野の研究者が専門を越えて交流する「相関社会科学研究会」が不定期に開催されています。最新の研究会は下記の通りです。公開ですので、専攻外の方、院生・学生の方でご関心のある方も、ぜひご来聴ください。

  • 日時:2017年8月4日(金) 15:00-19:00 場所:東京大学駒場キャンパス18号館コラボレーションルーム1(2号館308号室から変更になりました)
  • テーマ:井上彰 著『正義・平等・責任 ―平等主義的正義論の新たなる展開』(岩波書店) 書評会
  • 報告者:阿部崇史 (東京大学大学院総合文化研究科博士課程・日本学術振興会特別研究員)、犬飼渉 (東京大学大学院総合文化研究科博士課程・日本学術振興会特別研究員)、森悠一郎 (東京大学大学院法学政治学研究科特任講師)、宮本雅也 (早稲田大学教育・総合科学学術院助手) コメンテーター: 井上彰 (東京大学大学院総合文化研究科准教授・著者)

最近の研究会の開催記録

【2014年度】

第1回(2014年7月3日)

  • 日時:2014年7月3日(水)
  • 論題:What Does Japan's Constitution Tell Us About Global Constitutionalism?
  • 報告者:Kenneth Mori McElwain(米・ミシガン大学)

【2013年度】

第2回(2013年7月3日)

  • 日時:2013年7月3日(水)
  • 論題:Factors Enhancing Survival from the 3/11 Tsunami
  • 報告者:Daniel P. Aldrich(米・パデュー大学)

第1回(2013年5月29日)

  • 日時:2013年5月29日(水)
  • 論題:The Politics of Labor Market Reform in Japan and Korea
  • 報告者:Jiyeoun Song(米・オクラホマ大学)

【2012年度】

第2回(2013年3月2日)

  • 日時:2013年3月2日(土)15:00-17:00
  • 場所:東京大学駒場キャンパス 18号館4階コラボレーションルーム1
  • 論題:地方をめぐる政治学〜書評:木寺元『地方分権改革の政治学』・砂原庸介『大阪』〜
  • 報告者:山本健太郎(日本学術振興会特別研究員PD)・砂原庸介(大阪市立大学准教授)・木寺元(北海学園大学准教授)

第1回(2013年2月16日)

  • 日時:2013年2月16日(土)
  • 論題:国際関係論と公共哲学
  • 報告者:山脇直司(東京大学大学院総合文化研究科教授)

【2011年度】

第3回(2012年1月27日)

  • 論題:東アジアの家族は儒教的か?:中日韓のテレビドラマを通して見た東アジアの家族の姿
  • 報告者:姜明求(ソウル大学教授・東京大学客員教授)

第2回(2012年1月17日)

  • 論題:ポスト・フクシマの環境倫理の課題:世代間倫理と大地の倫理の相克を超えて
  • 報告者:鬼頭秀一(東京大学教授)

第1回(2011年11月11日)

  • 論題:東日本大震災の初動について:東北地方整備局の3日間
  • 報告者:徳山日出男(国土交通省・東北整備局長)
  • 資料:プログラム

【2010年度】

第1回(2010年12月11日)

  • 論題:『政党間移動と政党システム』(山本 健太郎著、木鐸社、2010年)をめぐって
  • 報告者:砂原庸介(大阪市立大学)
        木寺元(北海学園大学)

【2009年度】

第1回(2009年4月17日)

  • 論題:『イギリス保守主義の政治経済学:バークとマルサス』(中澤信彦著、ミネルヴァ書房、2009年)をめぐって
  • 報告者:中澤信彦(関西大学教授)

最近の研究会の開催記録(つづき)

【2008年度】

第4回(2009年3月5日)

  • 論題:ヘーゲル『法哲学』における主体的自由の権利
  • 報告者:エミール・アンゲールン(バーゼル大学教授)

第3回(2008年12月17日)

  • 論題:貿易協定の履行手段を巡る政治過程:対中貿易摩擦を事例に
  • 報告者:直井恵(カリフォルニア大学サンディエゴ校准教授)

第2回(2008年11月19日)

  • 論題:現代平等論のターニングポイント
  • 報告者:井上彰(本専攻助教)

第1回(2008年6月2日)

  • 論題:On the Road with America’s Poor
  • 報告者:キャス・ウェストン(前ハーバード大学准教授・本専攻客員教授)

【2007年度】

第2回(2007年12月14日)

  • 論題:変わる食卓・崩壊する家族
  • 報告者:岩村暢子(アサツーDK)

第1回(2007年7月12日)

  • 論題:ドイツと日本における介護保険制
  • 報告者:クリスティアン・オーバーレンダー(ドイツ・ハレ大学教授・本専攻客員教授)

【2006年度】

第2回(2006年11月22日)

  • 論題:失われた10年の政界再編:公共投資と離党復党行動
  • 報告者:斉藤淳(ウェズリアン大学政治学部客員助教授)

第1回(2006年7月8日)

  • 論題:Our Future Economy: Money and Sustainability: The Missing Links
  • 報告者:シュテファン・ブルンフーバー(ヴェルツブルク大学)

【2004年度】

第1回(2004年7月8日)

  • 論題:首長から見た地方行政:国政との比較を交えて
  • 報告者:中村時広(松山市長)

【2003年度】

第6回(2004年3月8日)

  • 論題:現代経済事情:物づくりと流通の現場から
  • 報告者:宮野晋(阿佐ヶ谷・蕎麦懐石「みや野」主人)
        和田利弘(銀座・焼き鳥「バードランド」主人)

第5回(2004年2月20日)

  • 論題:情報社会と自由
  • 報告者:東浩紀(国際大学グローバル・コミュニケーション・センター助教授・主任研究員、批評家)

第4回(2003年12月11日)

  • 論題:予算査定風景の変化に見る日本の行政の変化:大蔵省支配の通説を疑う
  • 報告者:岡本全勝(総務省交付税課長・本専攻客員教授)

第3回(2003年7月3日)

  • 論題:現代中国事情:政治・経済から社会まで
  • 報告者:金熙徳(中国社会科学院日本研究所教授・対外関係研究室主任、本専攻客員教授)

第2回(2003年6月23日)

  • 論題:世田谷の市民ネットワーク:世田谷区社会福祉協議会の挑戦
  • 報告者:金安博明(世田谷区社会福祉協議会)

第1回(2006年6月16日)

  • 論題:世田谷の市民ネットワーク:羽根木プレーパークの実践
  • 報告者:天野秀昭(世田谷ボランティア協会)

2002年度以前の開催記録はこちらでご覧いただけます。